ホーム [プレスリリース] ヒロセ電機、世界的な自動車部品サプライヤーであるContinental AGより 「2020年サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

[プレスリリース]ヒロセ電機、世界的な自動車部品サプライヤーであるContinental AGより 「2020年サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。2022/1/11

ヒロセ電機、世界的な自動車部品サプライヤーであるContinental AGより「2020年サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

 2021年9月9日、ヒロセ電機は、世界的な自動車部品のサプライヤーであるContinental AG(本社:ドイツ・ハノーファー、以下コンチネンタル社)より、”Supplier of the Year 2020”のElectromecanics部門で受賞したことを発表いたします。

”Supplier of the Year 2020”トロフィーと表彰状

”Supplier of the Year 2020”トロフィーと表彰状

● Supplier of the Year 2020について

 “Supplier of the Year”は、コンチネンタル社が戦略的サプライヤーの中でも特に模範となるパフォーマンスをもたらした企業を評価し表彰するものです。2021年はコンチネンタル社に部品を供給した約900社のサプライヤーの中から、品質・コスト・コミットメント・購買条件などの面で評価された12社が選出されました。なお、授賞式は2021年9月9日にバーチャルで開催され、コンチネンタルの購買ディレクターおよび被表彰サプライヤーの代表者が出席しました。

● コンチネンタル社からヒロセ電機へのコメント

 コンチネンタル社の購買マネージャーであるWolfgang Meunzel(ウルフギャング・メンゼル)氏はヒロセ電機について、 「ヒロセ電機はコンチネンタル社に何百万個ものコネクタを供給し、当社の製品と当社顧客の製品との接続を確保してくれました。長年にわたり馴染みの深いサプライヤーであることから、継続的なパフォーマンスと信頼できる協力体制を通じて、戦略的サプライヤーの地位をいかに獲得するかを心得ています。加えて、その発展性と優れた技術サポート力の面から、コネクタ製品を通じてコンチネンタル社にもたらすポートフォリオを拡大してくれることでしょう。2020年は特に自動車規格、物流サポート、スピーディーな開発期間の分野において、内部接続用部品サプライヤーにとっての基準を打ち立ててくれました。同社は安定した品質と性能でコンチネンタル社を高いレベルで支えており、今年の功績、活躍に感謝します。」と語りました。

● Hirose Electric Europe B.V.のコメント

 Hirose Electric Europe B.V.の社長兼COOのBryan Cullis(ブライアン・カリス)は「数年前からコンチネンタル社と緊密に協力し、自動車分野でのオペレーションを継続的に改善してきた当社にとって、これは大きな喜びです。戦略的サプライヤーに選ばれたことは、今後大きな意味を持ちます。引き続き両社の関係を強化し、それぞれの将来に向けて事業を拡大していきます。」と述べています。
 また、Peter Vijverberg(ピーター・ビジュババーグ)営業副本部長と山本真次自動車事業開発課長は「今回の受賞は大変光栄であり、ヒロセの関係者と喜びを分かち合いたいと思います。また、コンチネンタル社の継続的なコーチングとサポート、そして信頼に感謝します。今後も彼らと共に我々のシェア拡大に努め、競争の激しい自動車市場において、我々の新規ビジネスの獲得だけでなく、お客様企業が新規ビジネスを獲得できるよう高品質な製品を提供してまいります。」と語っています。

● 今後の製品展開

 今後もヒロセ電機は自動車分野にとどまらず、民生や産業機器を含む幅広い分野において、高い品質と性能の製品開発に努め、さらなる市場拡大を目指して参ります。

● 会社概要、関連情報

■ヒロセ電機株式会社について
 https://www.hirose.com/corporate/ja/about/corporate_data

■Continental AG
 https://www.continental.com(英語)
プレスリリースPDF

ヒロセ電機の自動車用コネクタ
自動車・ADASにおすすめのコネクタ10製品
車載用コネクタへの取り組み