スマートフォンの無線出力検査のエラーが激減,検査用プローブコネクタで生産コスト改善 MSコネクタ [F6シリーズ]

MSコネクタ [F6シリーズ]

スマートフォン生産現場で見落とされやすい「検査エラーによる生産コスト増加」。
F6シリーズによって無線出力レベル検査の安定性を確保


検査用プローブコネクタをF6シリーズに変えるだけで、検査の安定性が飛躍的に向上

プローブコネクタによる無線出力レベル検査の際に発生する嵌合エラー。このエラーにより本来問題なく検査を通過できる製品が、不合格ではねられてしまい、リチェックなどの工程へと送られてしまう。結果、生産効率を下げている状況がスマートフォンの生産現場にはありました。

この課題を改善するために、ヒロセ電機では新しい検査用プローブを開発しました。検査用プローブコネクタをF6シリーズに変えるだけで、検査の安定性が飛躍的に向上します。もちろん、高周波帯域まで広くカバーしているので、今後のスマートフォン市場の変化にも対応できます。

3次元でフローティングし、ズレを吸収

F6シリーズは、X-Y-Z方向にフローティング構造を持っているので、嵌合時にコネクタ側でズレを解消します。
この動画では、お客さまの製造ラインでの検査工程を再現し、アライメントエラー時の嵌合評価を実施しています。

特長:構造と実測データを詳しくご説明

F6シリーズは、フローティング機能を持つことでズレを吸収しつつ、検査機とつなぐケーブル側の力で傾くことがない製品構造を持っています。

X-Y-Z方向のフローティング構造でズレを吸収

接続ケーブル側を固定し、検査機本体の位置はキープ

プラグかん合エラーの解決構造の説明図

評価結果(実測)

基板側のコネクタの位置をマイクロメーターで意図的に移動させて嵌合評価を実施。その結果、全方向(上下左右)で安定した評価を得ました。
F6シリーズを利用することで、1,000ppm程度の嵌合エラーの課題をお持ちだったお客さまの課題を解決しました。

水平方向評価
垂直方向評価

製品ラインナップ

検査用同軸スイッチの主力製品すべてでF6シリーズのプラグを開発しました。
シリーズ名 MS-156Cシリーズ MS-180シリーズ MS-190シリーズ
製品名
MSコネクタ製品写真
MS-156-HRMJ-F6
※MS-156Cシリーズと嵌合
MS-180-HRMJ-F6
※MS-180シリーズと嵌合
MS-190-HRMJ-F6
※MS-190シリーズと嵌合

活用場面

電波が発生する精密機械の製造工程では、同じように無線の出力レベル検査を行いますが、これらの機器の検査でも精度を向上させます。