ホーム 社会的責任

CSR

ヒロセ電機の環境保全やコンプライアンス等、企業の社会的責任をご案内します。

社会的責任

1. お客様への責任(製品品質の保証)

1.1.基本理念

当社では、お客様に満足いただける『付加価値の高い製品』を『品質第一』で提供していくことを、全従業員が心がけております。これらの理念は『品質方針』により、全従業員へ受け継がれています。

1.2.製品品質・品質マネジメント

常に価値ある製品をお客様へお届けするために、全ての活動(製品の企画・設計・製造・販売・サービス)を対象とした品質マネジメントシステムをつくり、日々、品質改善に取り組んでいます。

1.2.1.設計品質の向上~お客様に満足いただける製品設計~

当社では、5万数千種におよぶ製品を販売していますが、その多くを新製品として常に生まれ変わらせ続けています。技術者もお客様のもとへ積極的に足を運び、常にお客様のニーズを捉える独自の開発体制と、技術部門とともに、生産技術部門、製作部門、購買部門、品質管理部門が開発チームを編成することで、お客様に満足いただける付加価値の高い製品を、短い開発期間で提供できるように目指しています。
また、製品・サービスに関して、お客様から求められる情報をタイムリーに提供し、お客様からの問い合わせにはスピーディな対応を全社員で努めております。

1.2.2.トップダウンの品質改善とボトムアップの品質改善

品質に関する方針・戦略・目標や品質向上に向けた重要施策等は、品質マネジメント会議で審議・決定します。品質目標は経営方針の中に盛り込むことにより、各部門、従業員の一人ひとりへ周知徹底され、経営トップの指導のもと継続的な品質改善を推進しています。
また、従業員が自ら考え、自らの力で問題解決できる強い現場を目指し、様々な品質向上活動に取り組んでいます。

組立ライン単位での改善活動
生産現場では全てのコネクタ組立ラインを登録し、組立ラインごとに“100%良品”を目標に改善を競い合い、製造品質の向上に取り組んでいます。
QCサークル活動
ヒロセ電機グループでは、社内、社外(協力会社)、国内・海外の製造現場において、QCサークル活動を推進しています。現場の作業者一人ひとりのつながりを通じて、品質意識の向上、明るい職場づくり、現場改善能力の向上を目指しています。
「私の品質保証」論文
毎年、社内および社外(協力工場)、国内・海外の製造現場から、「私の品質保証」というテーマで論文を募り、論文集としてまとめています。
「私の品質保証」論文は、現場で働いている一人ひとりが品質に関して考え、発表する機会となるとともに、2000件を超える応募の中から優秀な改善事例を論文集として発行・配布し、現場の具体的事例をより広く展開、現場の品質意識向上を目指しています。

2. 仕入先・生産委託先への責任

2.1.購買方針

当社では、仕入先との強固なパートナーシップを築き、連携をとって企業運営を行っていくために、「購買管理規程」を定め、規程の中で購買方針を明確にし、これに基づき購買活動を行っております。

2.2.CSRの促進

部品メーカーである当社のCSRは、当社のお客様に対する責任として自社が進める一方、当社の仕入先に対しても同様の促進をしていただくことが重要であると考えております。更に当社は、製品の組立の多くを外部委託するファブレス経営を志向しており、これらの生産委託先にもCSRに取り組んでいただくことが必須となります。
当社では、仕入先・生産委託先に対して「公正取引・倫理」「人権・労働」「労働安全」「環境保護」「情報管理」等の項目に関する体制の構築をお願いしております。

2.3.グリーン調達

当社では、グリーン調達ガイドラインを策定し、このガイドラインを仕入先にご提示し、ガイドラインに沿った有害物質を含まない原材料・備品を調達するグリーン調達を進めております。

2.4.紛争鉱物への対応

当社では、コンゴ民主共和国およびその周辺国から産出され、人権侵害や非人道行為をもたらしている金、タンタル、タングステン、錫を使用しない方針で取り組んでおります。
紛争鉱物対応方針 [PDF](123KB)

3. 従業員への責任

3.1.人材育成

当社では、会社の経営理念を理解し、会社の目標達成に向けて一致団結し、グローバルに活躍する人材を育成するため、計画的・継続的に教育訓練を行っております。

グローバル化の推進
英語を中心とした語学研修を実施し、従業員の語学力向上を図るとともに、海外研修制度等を活用して従業員に海外勤務を経験させ、グローバルに活躍する人材を積極的に育成しております。
階層別研修、役職者研修等の実施
新入社員から役職者まで、従業員一人ひとりに経営理念を理解させるとともに、それぞれの階層にふさわしい考え方・スキルを身につけるための各種研修を実施しております。

3.2.安全衛生活動

当社では、従業員の安全と心身の健康に配慮した職場環境づくりに努めるとともに、災害の未然防止や非常時の対応に関する施策にも取り組んでおります。

安全な職場づくり
毎年定期的に職場パトロールやリスクアセスメントを各事業所で実施し、職場に潜む危険を捉え、未然に防止する活動を行っております。また、安全教育を継続的に実施しております。
交通安全
社有車や車通勤事業所における自動車事故の撲滅のため、事業所単位で地元警察署に協力をいただき、安全運転講習会を実施し、従業員に対し安全運転の働きかけをしております。
健康管理
定期健康診断や人間ドック等の受診と結果に対するフォローを行うとともに、近年ではメンタルヘルス対策のため、産業医や契約するカウンセラーが相談に応じる体制をつくるとともに、管理者向けの講習会等も実施しております。
火災予防
火災予防については、事業所単位で自衛消防隊を組織し、毎年避難・通報・初期消火等の防災訓練を地元消防署に協力を仰ぎ、実施しております。

4. 株主・投資家への責任

4.1.ディスクロージャーポリシー

当社は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの方々に当社に対する理解を促進するため、更には、当社の説明責任を果たし、経営の透明性を高めるため、必要とされる情報を正確かつ公正に適時開示いたします。
また当社では、当社が上場する証券取引所の適時開示規則に準拠する重要事実情報はもとより、適時開示規則に該当しない情報に関しても、当社の判断により、当社を理解していただくために有効だと思われる情報につきましては、情報開示を行ってまいります。
そして、このような適時適切な情報開示を通じて、資本市場との良好な信頼関係を構築するとともに、市場の評価の経営へのフィードバックにも努めることで、株主価値の増大を図ってまいります。

4.2.IR活動

当社ではディスクロージャーポリシーに則り、ステークホルダーに対して、決算説明会その他の機会を通じて、適切な情報提供を行っております。また、広く当社の財務内容その他の重要な経営情報を伝えるため、ウェブサイトを通じて情報発信しております。

5. 一般社会・地域社会への責任

ヒロセ電機グループ行動規範の「社会貢献」において、「当社が企業活動を行う地域社会と積極的に関わるとともに、当社の活動を通して、また人的、物的な資産等を通して社会への貢献を図ります。国際社会において、その国の文化や慣習を尊重し、現地の発展に貢献します。また、日常生活において自らが出来る範囲で社会への貢献に努めます」と定めております。この方針に基づき、従業員一人ひとりが行動しております。
また、当社会長が理事長を務める財団法人「ヒロセ国際奨学財団」では、アジア諸国からの外国人留学生に奨学金を支給する等の活動を行っており、その他当社では、芸術・文化活動に対しても広く支援を行っております。